4月26日(木)に実施されたアップデート情報まとめ。新アタッチメント対応ゾイド“ライガーゼロシュナイダー”が登場&大型ゾイドやスタンプの仕様が一部変更!

『ZOIDS FIELD OF REBELLION(ゾイド フィールド オブ リベリオン)』にて、4月26日(木)にアップデートが実施されました。今回は4月26日(木)に実施されたアップデートについてまとめて振り返ります。

2018/05/07 13:00

4月26日(木)に実施されたアップデート情報を振り返り!

『ZOIDS FIELD OF REBELLION(ゾイド フィールド オブ リベリオン)』にて、4月26日(木)にアップデートが実施され、様々な注目要素が登場しました。
そこで今回は、アップデート注目点をまとめて紹介!追加された内容を把握する際、ぜひ参考にしてください。
目次
“ライガーゼロシュナイダー”が登場
機体性能
専用ウエポン「ファイブレード・ストーム」の性能
大型ゾイドEXレベル上限解放
大型ゾイド建造時間短縮
スタンプ送信がミニマップで確認できるように

新アタッチメント対応ゾイド“ライガーゼロシュナイダー”が登場

ライガーゼロの新アタッチメント対応ゾイド“ライガーゼロシュナイダー”が登場しました。アタッチメント対応ゾイドは“ライガーゼロイエーガー”に続き2体目の登場です。アタッチメントについて

ライガーゼロシュナイダーの機体性能

ライガーゼロシュナイダーのロールは「コマンダー」。そのため、コマンドウルフやアイアンコング同様、“前線で味方小型ゾイドのサポートをする”ことが主な役割です。

コマンダーとしては珍しい“攻撃力・防御力が高い超近接型ゾイド”となっているため、小型ゾイドをサポートしつつ前線に進軍させるのはもちろん、小型ゾイドを壁にしつつ自らアタックをかけることもできます。
ただし、その分索敵範囲が狭いので、長距離戦闘が得意ではない点には注意しましょう。

ライガーゼロシュナイダー専用ウエポン「ファイブレード・ストーム」の性能

ライガーゼロシュナイダーの専用ウエポン「ファイブレード・ストーム」は、直線上の敵ゾイドに突進する格闘系の近接ウエポン。攻撃範囲が広く、複数の敵ゾイドを巻き込みつつダメージを与えることができます。
また、攻撃時にはEシールドを展開しており、前方からの攻撃を受けず、ダウンもしないため、切り込み役としての活躍が期待できそうです。
※撃破、麻痺、引き寄せなどの状態変化を伴う攻撃を受けた場合は攻撃が中断されます。
さらに、攻撃がヒットした敵プレイヤーゾイドに対する移動速度ダウン効果もあるので、味方ゾイドの援護役としても優秀です。

なお、EN消費は“500”と多めで、ダウン値は低くなっています。攻撃を当てた敵が倒れない場合が多いのですが、消費ENが多いため連続して使用しづらい点は覚えておきましょう。

大型ゾイドEXレベル上限解放

大型ゾイドのEXLv上限が“15”まで引き上げられました。これにより、手持ちの大型ゾイドがさらに強化できる可能性が広がっています。

大型ゾイド建造時間短縮

大型ゾイド建造にかかる時間が短縮されました。これにより不利な状況からの形勢逆転が起きやすくなりそうですね。

スタンプ送信がミニマップで確認できるように

バトル中に味方プレイヤーがスタンプを送信すると、そのプレイヤーがミニマップ上のどこにいるか確認できるようになりました。スタンプを送信したプレイヤーのアイコンはミニマップ上で点滅するので、これまで以上に他のプレイヤーが何をしようとしているか、何を求めているか分かりやすくなるでしょう。

4月26日(木)アップデート まとめ

4月26日(木)アップデートでは、アタッチメントの追加といった大きなものはもちろん、大型ゾイドやスタンプに関する細かい部分の仕様も変更されました。
細かい部分の仕様変更については、戦略的な部分にまで影響するものもあるので、体感としてしっかり覚えてバトルに臨むようにしましょう。

最新記事

記事をもっと見る
初心者必見!ゲームの基本的な流れを紹介
タイトル ZOIDS FIELD OF REBELLION
ジャンル マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)
対応OS iOS/Android
対応端末 iOS9.0以降のiPhone,iPad
Android4.4以降(5.0以上推奨)
※2GB以上のRAM搭載の端末推奨
価格 無料(アプリ内課金あり)
公式サイト www.takaratomy.co.jp/games/zoids/

ゾイド一覧

『ゾイドFOR』基本攻略